シーバー病(セーバー病)

シーバー病(セーバー病)とは?

シーバー病(セーバー病)は、10歳前後の成長期に発生する踵(かかと)の障害です。
踵の軽い腫れ、圧痛(押すと痛い)、歩行時痛がその症状です。
高負荷の運動の後に症状が出ることが多く、踵の痛みのため、つま先歩きになることもあります。

成長期の骨化していない踵骨骨端部(アキレス腱の付着部)に運動などで負担がかかり、そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり、踵骨骨端核の壊死や骨軟骨炎を発症するのがこの病気です。

基本的に運動中止と安静で経過をみます。
痛みが強い場合は、かかとに体重がかからないように松葉杖を使ったり、足底挿板を使用します。痛みは数年と長いことも多いようです。

いしだ接骨院では

長期の運動中止は必要がないと考えています。

実際、成長期であっても、激しい運動をしていても、ほとんどのお子さんが3回~10回の施術で運動復帰・回復されています。

運動量が多かったり、身体の使い方が悪いと身体の負担が大きくなり、筋肉が硬く動きが悪くなることで痛みがでます。

いしだ接骨院でできること、、、
緊張して硬くなった関節・筋肉をやわらかくし、本来の正しいの動きができるような環境を整えます。

また、再発しないように!楽にのびのび動けるように!
身体の負担を減らしパフォーマンスが発揮できるように!

正しい身体の使い方(姿勢、歩き、走り、動き)とメンテナンスの方法もお伝えさせていただきます。

休まずに好きなスポーツが続けられるようにお手伝いをさせていただきます。

いしだ接骨院では、有痛性外脛骨は早期運動復帰が可能と考えます。

 

Q:病院では、成長期が終わるまで治らないと言われたのですが本当ですか?
A:そんな事はありません。PM療法では3回~ 重症の人でも10回程度の施術で回復しています。
外脛骨付近に痛みが出ているのには、必ず原因があります。
それを解消することで回復が可能です。

Q:くるぶしの前下方の骨が飛び出てきているのですが、大丈夫ですか?
A:骨の飛び出しは、痛みには関係はありません。
大丈夫です!骨が飛び出ていたとしても、痛くなく動けるようになります。

Q:どのようなケアをしていけばいいですか?
A:よくアイシングをして痛い箇所を冷やしている方がみえますが、冷やし過ぎると筋肉が硬くなってしまい逆効果になります。
逆に、お風呂などに浸かってしっかり全身を温めてることで、回復が早くなります。

後は、下半身の血流を良くして、筋肉をゆるめるような貧乏ゆすり体操をしてください。足指回し、足首回しも有効です。


ご不明な点等ございましたらお電話ください。

お気軽にお電話下さい

店名 いしだ接骨院 いしだスポーツ整体院
住所 〒496-0855
愛知県津島市江東町2丁目15番地
営業時間 【月~金】
午前 8:00~12:00
午後 16:00~20:00
【土曜日】8:00~15:00
【日曜日・祝日】8:00~12:00
定休日 不定休
電話番号 0567-28-2755
アクセス 東名阪自動車道 弥富ICより、車で20分
名古屋鉄道津島線「津島」駅より徒歩20分
駐車場 あり