スポーツ障害に対しての骨盤矯正の効果

スポーツ障害に対しての骨盤矯正の効果

上半身と下半身とをつないでいる骨盤は、重い頭部と歩行時にかかる衝撃を常に支えており、全体のバランスを調整するという役割を担っています。

しかし、周囲には筋肉とじん帯しかないので、ゆがみが生じやすい構造となっています。

この部位を正常な状態に恢復させる骨盤矯正は、痛みや不調の改善と予防の両方の効果を期待できます。

身体全体で負担を支えることが出来るようになるので、慢性の肩こりや腰痛、スポーツ障害など様々な症状に有効です。

関連記事

  1. 寝たままでできる骨盤矯正エクササイズ

  2. 骨盤がずれてしまい以来たびたび腰が痛む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。